フィンペシアとミノキシジルの違いってナニ?飲み合わせ(併用)は大丈夫?

抜け毛に悩んでいる男性
AGA治療薬に、フィンペシア(プロペシア)とミノキシジルは欠かせません。
なぜなら、抜け毛を抑えるフィンペシア、発毛のミノキシジルといわれるほど、AGA治療において密接な関わりがあるからです。さらに両者とも飲み合わせもバッチリのため、併用したからと、重篤な健康被害に陥ることはありませんでご安心ください。

また勘違いされがちですが、”抜け毛を抑える役割”と発毛や育毛して”毛が育っていく”ことは全く別のプロセス。そのため、それぞれに働きかける治療薬を使い分けることが、「AGA治療の近道!」というワケなんです。

さらにココから詳しく、フィンペシアとミノキシジルのメリットをみていきましょう。

フィンペシアはプロペシアの「ジェネリック医薬品」!安心&お得にAGA治療

薬のイラスト
抜け毛を抑えるとして、最初に開発・販売されたのは「プロペシア」です。

アメリカの製薬会社によって手掛けられ、日本では2005年12月に「MSD株式会社」から製造販売されています。これまで聞き慣れなかったAGA(男性型脱毛症)という言葉を広めるキッカケにもなり、抜け毛や薄毛に悩んでいた方の救世主となりました。

またプロペシアは、医療用医薬品にあたります
先に開発されたため「先発薬」や「新薬」とよばれており、その後に開発されたフィンペシアは「後発薬」や「ジェネリック医薬品」として広く知られるようになりました。

そんなプロペシアについてもう少し解説していきます。

プロペシアは「フィナステリド」という有効成分によって薄毛を抑制している

プロペシアは「フィナステリド」と呼ばれる、有効成分によってAGAの抜け毛を抑制する役割を担っています。このフィナステリドの働きは、AGAの原因とされる「DHT(ジヒドロテストステロン)」を抑制し、進行を遅らせるだけでなく太くコシのある髪へ変化させてくれるのです。

ただし、AGAは進行性のため抜け毛がなくなったからと、プロペシアの服用をやめてしまうと、そこからまた症状は進んでいきます。そのためプロペシアは長期服用がマストの治療薬になるのです。そのため、月々の固定支出を減らすために、「個人輸入代行」を利用したプロペシア(フィンペシア)通販が安くて「お得」だと、人気を集めています。

発毛に効果バツグン!「ミノキシジル」との飲み合わせは大丈夫?

テーブルにコップと水
プロペシアで抜け毛を防いだら、今度は発毛の出番です。
もちろん、はじめから一緒に服用しても大丈夫なほど、その飲み合わせは相性バツグン
それぞれに服用できない方や副作用はありますが、併用しているからと健康状態が崩れることはありません。
もちろん、不安な方はAGA専門店やクリニックへいき、医師への相談をオススメします。それでもプロペシアとミノキシジルは、病院でも一緒に処方されるほどAGA治療には欠かせない存在なのです。

そんなミノキシジルの効果について、もう少しクローズアップしていきましょう。

ミノキシジルの効果について

髪の毛が太く強くなる様子
ミノキシジルは発毛と育毛に効果があるAGA治療薬です。
もともとは、血管を拡張するお薬として開発されたのをキッカケに、発毛効果が確認されたことから脱毛症のお薬として広く知られるように。今では世界各国90カ国以上つかわれている、レジェンド的な存在です。

ミノキシジルの働きによって、血管を拡張し、頭皮に栄養を行き届かせます。これにより、髪の毛を生やす「毛母細胞」が刺激され、弱い毛から強く太いコシのある毛へと生まれ変わっていきます。

プロペシアで抜け毛を予防し、ミノキシジルで発毛する
ダブルのアプローチでAGAを改善しましょう!

AGAは長期服用がマスト!プロペシアとミノキシジルを通販で安く抑える

AGAは進行性です。
一度発症してしまうと、治療薬で抑えない限り髪の毛はどんどん抜けていきます
とはいっても、気になるのはそれを維持する費用です。

先発薬のプロペシアは、ジェネリック医薬品であるフィンペシアと比べると、どうしても販売価格は高くなります。しかしジェネリックでは有効成分も同じため、効果効能や副作用も同等で、安全面も保証済み。にもかかわらず、料金が倍違うほど、フィンペシアは安くてお得に購入できます。

「AGAを治療したいけどコストはできるだけ抑えたい」

そんな方は、今すぐ個人輸入代行を利用してフィンペシアとミノキシジルを通販購入がオススメ