フィナステリド(フィンペシア)を通販できる?「アマゾン」や「楽天」で購入できない理由とは

ネット購入のイメージ
フィナステリド(フィンペシア)は、通販サイトで有名な「アマゾン」や「楽天」で購入することはできません

もし日本でフィナステリドを購入するためには、医師の処方が必要なため、病院へいく必要があります。しかし、AGA治療のほとんどは自由診断にあたり、保険適用外のため、製造会社が販売している価格よりも高くなるのが一般的。

そこで今、注目を集めているのが個人輸入代行を利用した通販購入
自宅にいながらお薬が手に入り、病院へいくよりもはるかに安く購入できると人気です。

そもそもアマゾンや楽天で購入できないのは、フィナステリドが医療用医薬品だから。
今回は、そんな医薬品の世界について分かりやすくご説明します◎

フィナステリドを通販しよう!医薬品の違いについて

医薬品の種類
日本では、医薬品は大きく分けて3つに分けられます。

医薬品の分類 購入できる場所
一般用医薬品 薬局・薬店・インターネット
要指導医薬品 薬局・薬店で薬剤師の指導をうけて購入
医療用医薬品 病院・診療所

参考:厚生労働省

それぞれについて、もうすこし詳しくみていきましょう。

わたしたちに身近な「一般用医薬品」は3つに分類できる!

アマゾンや楽天、ドラッグストアで購入できる「一般用医薬品」は3つの段階にわけることができます。
よくコマーシャルや店頭でも見かけたことはある、分類についてピックアップしてみました◎

【一般用医薬品の分類】
第1類医薬品
一般用医薬品のなかで、副作用や服用方法などとくに注意が必要なもの。薬局でもすぐには手に届かないところに陳列されています。また、販売店では書面による情報提供が義務づけられています。

第2類医薬品
カゼ薬や鎮痛剤など、よく購入されているのが第2類医薬品です。第1類医薬品同様、副作用について注意は必要ですが、販売元の情報提供は努力義務となっているのも特徴です。

第3類医薬品
上記2つ以外のお薬にあたります。販売店でもとくに情報提供の義務は法律上ありません。

あまり聞きなれない「要指導医薬品」とは?

自分で購入できるお薬として、はじめて市場に販売されるお薬や、医療用医薬品から一般用医薬品にうつるお薬が多いのが「要指導医薬品」です。

副作用や相互作用の影響に注意が必要なため、薬剤師による情報提供が必要なお薬で、ネット購入はできない商品。

病院や診療所で購入する!医療用医薬品について

病院や診療所で、処方箋をだしてもらうお薬が「医療用医薬品」です。

副作用や相互作用に注意が必要なため、医師の診断のもと処方され経過を観察します。
そのため、病院や診療所、クリニックなど実際の医療現場で使われているのは、すべて医療用医薬品にあたります。

個人輸入の落とし穴!?何があっても自己責任って本当?

ココまでお薬の分類について、お伝えしてきましたが、個人輸入では、フィナステリド(フィンペシア)も通販購入することができます。しかし、見落としがちなのが、何があっても自己責任ということ。

たとえば、遅延や誤送などで到着が遅れや、商品自体が届かないことなど。また、治療薬を服用して「副作用が思ったよりも強くでた」となったとしてもです。

そのため、フィナステリドも購入前にメリットだけでなく、その副作用や服用方法などにもしっかりと目をとおしていきましょう。不安な場合は、一度医師の診断をうけるのもオススメ!また安全に購入できるサイト選びもポイントです◎

フィナステリド通販を「個人輸入代行」でもっと手軽に!

フィナステリドを通販購入するには、個人輸入で合法にできます◎
また、個人輸入のすべての手続きを自分だけでおこなうのは、正直面倒なため、個人輸入を代行してくれる「個人輸入代行」がオススメ

書類提出もいらないため、ボタンをクリックするだけ♪
フィナステリドのおすすめ通販サイトはコチラから。